熱中症予防啓発活動」を行いました。

新型コロナ禍中、猛暑に見舞われた7月の中旬、福祉委員(自治会長)が「熱中症予防啓発活動」を行いました。

荏原地区に在住の80歳以上の方と67歳以上のひとり暮らしの方、あわせて351人に飲み物(ペットボトル2本)と「啓発用チラシ」・「高齢者だより」・「クリーナークロス」等を配布し、「熱中症予防」や「振り込め詐欺防止」を呼びかけました。